ソルフェージュとワークについて♪

♪ソルフェージュについて

ソルフェージュとは聴き慣れない言葉ですね。

ソルフェージュとは、音楽を勉強する上で

とても大事なことです。

リズム新曲視唱(楽譜を見てすぐに歌うこと)、

聴音(楽器で弾いた音を五線譜に書き取る)などの、

楽譜を読むうえで必要なことです。楽典も入ります。

楽譜を読むことを読譜と言いますが、バイオリンやピアノを

習いはじめの頃からしっかりと自分で読譜をしていないと、

後々難しい曲を弾く時に音符を読むのにとても時間が

かかってしまいます。

曲を仕上げるのが大変になって新しい曲を弾くのが

億劫になったりします。

 

せっかくバイオリンやピアノを習ったのに、読譜

出来ないために音楽を楽しめなくなるのはもったいないと

思います。

 

そうならないためにも、習いはじめの頃から

ソルフェージュを勉強する意味があるのです。

 

貝塚の森バイオリン・ピアノ教室では、レッスンの初めの10分ほどをソルフェージュの時間にあてています(初歩の頃)。

ソルフェージュ用の教本を使いますが、毎回のレッスンで初見(はじめて楽譜を見て弾いたり歌ったりする事)でやってもらいます。

時々できなかった課題を宿題で出したりしますが、

基本的にレッスン時だけで完結するので負担はないかと思います。

 

毎回のレッスンでソルフェージュをすることによって

リズム感が良くなり、楽譜もスラスラ読めるようになります。

 

♪ワークについて

そして曲の教本の進度に合わせたワークも毎回宿題で出します。

一週間で2~3ページ位です。

ワークによって音符のかき方音名長さなどを

習得します(初歩の頃)。

 

このようにバイオリンピアノは弾くだけの技術ではないと

お分かりになるでしょう。

 

また、歌うことを多用していますが、

特に大きな声が出せなくても大丈夫です。

中には恥ずかしくて声が小さくなる方もいます

。そういう場合はハミングでも構いません。

歌うことを恐れないでほしいです。

歌うことは音楽の根底にあるものなのです。

 

一人一人に合わせて教本や進度を考え指導しています。

 

中級以上になると曲が長くなりレッスン時間が

足りなくなるので、ソルフェージュの時間を

別に開講します(考案中)。

 

 

>>>レッスンについて<<<

 

>>>TOPへ<<<