バイオリンのレッスンについて♪

バイオリンのレッスンはピアノと同じくソルフェージュから始まります。

まず歌うことで体をほぐし、リズムで体の中の音楽を目覚めさせます。

>>>ソルフェージュとワークへ<<<

そして構え方(持ち方)が大事なので指の体操をして

指をほぐしてから弾きます。

まずはロングトーンだったり音階だったり。

そして中級以上は練習曲が入り、教本の曲を弾きます。

 

曲を弾く時になるべくピアノ伴奏をつけて和声感

身につけさせています。

曲によってはバイオリンのデュエットで仕上げたりします。

最初のうちは弾いているとフォームが崩れるので、

伴奏なしになることがあります。

 

 

教本は、グロリア・バクシャイエッシュ著の

弓は踊る」「弦は響く上下巻」

から始めます。この教本はイギリスのバイオリニストハヴァシュ先生の

弟子のグロリア先生が監修したもので、石川先生が翻訳したものです。

一般の書店で購入することが出来ない非売品です(その都度オーダーします)。

副題に、ハヴァシュ式アプローチによる力みやあがりを予防する基礎エクササイズ、とあります。

今まで多くの教本と接してきましたが、この教本は画期的で合理的です。バイオリンを弾く、となると大体の人がぐっと力を入れて弾こうとします。しかし、それを取り除く様に指導できる教本となっています。

初心者にはこの教本から導入し、篠崎教本、スズキ教本、新しいバイオリン教本などに進めます。

経験者にも、抜粋してこの教本を使用いたします。

写真は後ほど。

 

そのほか「セヴシック」「小野アンナ音階教本」「カールフレッシュ音階教本」「カイザー」「クロイツェル」などの基礎練習曲も並行して使っています。

ピアノと違い、音は自分で押さえて創る楽器です。フォームはとても大事です。基本練習が大事なのです。

 

最初は弾ける音も少なくつまらなく感じるかも

しれませんが、全弦使って弾けたときの喜びは格別です。

そして甘美な音になるヴィヴラートが出来るようになるのも、

やはり基礎練習がしっかりできていなければいけません。

 

指を思ったところへ押さえたり弓を垂直になるように

弾くためには、筋肉回路が必要です。(力が必要という訳ではありません)

筋肉回路を鍛えるには毎日、少しずつの基礎練習が大事なのです。